竹内のナガメ

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。貴金属買取を扱うお店では、意外なほど様々な種類のものに値段をつけてもらえます。「金の買取」などと言うと、投資目的の地金を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。一口に投資といっても対象は色々あります。金に代表される貴金属はその典型です。金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。世界中どこでも通用する価値を持っているということも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。とはいえ、相場の変動も当然あるので、念のため、買取を利用する前に、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認してから売るのがいいと思います。店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるという迷惑な事例があります。これは訪問購入と呼ばれます。買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。こうした訪問購入のケースに対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができると覚えておいてください。悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。金の購入時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。なので、一度金を買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。金買取がメジャーになってきていますが、前に私も金買取のお店を利用したことがあります。なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ネットの情報に頼ることになりました。そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。金買取のシステムは店によって千差万別です。鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。手数料を設けている店に買取を依頼すると、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、決して急速というわけではないですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。リーマンショックに続き、この経済破綻も金の市場価格を引き上げる起爆剤であると言えるでしょう。今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却時には、留意すべき点があるのです。金の価値は相場でも変わる上、どこに持っていくかによっても実際に自分が受け取れる金額はピンキリだということなのです。なので、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、どの店に売却するかよく検討して判断する必要があります。金の価値が上がっている現在では、金買取を扱うお店も増えてきたので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、考えなしに店を決めようものなら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。心当たりのある方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で売却できる可能性が高いです。金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、実際幾らくらいの金額で売却できるかという見積を事前に立てられることです。製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。金の国際価格はドルで表されています。それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。サイト上で大体の買取価格を載せている店舗も見られます。郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。出来る限り高い値を付けてもらうには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を取らない店も中にはあるため、色々な情報をもとに売却先を検討してください。金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金の加工品が案外多いものです。その代表的なものが金歯です。こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。意外な形での臨時収入をゲットできるチャンスですし、もう使わなくなった金歯がある方は、迷わず買取に出してしまいましょう。プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたというエピソードはよく聞きます。実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドだという証です。なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を定めているとところが大半でしょう。よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。もっとも、沢山あるお店の中には、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。金とプラチナはどちらが値段が高いのかは普段意識することがないでしょう。ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べても圧倒的に少ない産出量の影響があります。プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により買取額は大きく変動してきます。金の価値が上がっている昨今、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を看板に掲げています。評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うところが多くなってきました。金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。先日、祖母が鬼籍に入り、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、気持ちよく買取手続を終えることができました。金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金の買取で課税されることなどないでしょう。金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、その利益に応じて納税しています。一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。今は1グラム5000円ほどです。その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。金買取では売る側にも責任が生じます。そのため、18歳未満は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。加えて、未成年と取引するのは危険なので、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、20歳未満は古物売買の利用はできないところがほとんどです。たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、法定代理人である親が書いた同意書は絶対に必要です。それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を粘り強く探してみるといいでしょう。それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するという努力も欠かせません。買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかからないということになります。そこのお店で売却すればいい値段になるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、納得できないような安い金額で金を手放してしまったというケースはよく耳にするところです。信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。初めての金買取。たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、迷うというのはよく聞く話です。少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは誰だって考えることですよね。お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。多くのお客さんから高く評価されているお店なら、トラブルと無縁のちゃんとした店であると見ていいでしょう。初心者の方でも当てにできる指標になりますね。不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。色々と聴いてみたら、貴金属製品でもう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、利用してみてもいいかなと思いました。家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も一定数いるでしょう。そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。初めてで不安も多い金買取。安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。価格の多寡もさることながら、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店に信用と実績があるかどうかです。それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。目についた中で最も口コミの良いお店を見極めて利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です