Andersonと上岡

アラサーの会社員です。同い年の妻がいますが、子供はまだいません。つい最近、あちら側の浮気が発覚しました。バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。謝罪の言葉もなにもありませんでした。これでは夫婦の意味がないですよね。妻から傷つけられるとは思いませんでした。謝罪も反省もないなら、私にも考えがあります。パートナーがすごく用心深い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。もし浮気の確証がもてるようなら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。お金はかかるものの、交際相手とホテルから出てくる写真のように、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。それには証拠固めが不可欠ですが、きちんと裏をとっておけば、あとはもう好きなように締めあげてやるまでです。私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、それなりの報いを受けるわけです。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。もちろん、やっかみで言っているのではないです。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情が知られたらみんな去っていくと怯えてずっと暮らしていくのです。不倫経験者なんかと結婚しても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性だって浮気するじゃありませんか。同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出掛けるシーンは数多く存在し、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が増えているのか、旦那様側が探偵に相談するケースも多くなっているようです。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で隠し続けていた浮気がバレるという例も増えてきました。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインのトークやメールなどに不貞行為の一部始終が残されているというのは当然でしょう。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになることも大いにありえます。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同年代の思い出があるせいか性別の垣根が取り払われるのでその時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。同窓会出席を契機に、挙動が怪しいと感じるようなら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。自分でなく、職場の同僚のことなんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、相手を訴えてやるのだそうです。結構マジメな話です。でもそうなったら相応の費用もかかるでしょうし、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、慰謝料を払わせ、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと言ったのです。まずは冷静になることですよね。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、チェックしてみましたが、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、ためらっているところです。完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、慰謝料としてある程度の金額を請求するというのが最も効果的です。浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、悪いことをしている感覚はあまりないという実態もあります。配偶者として正当な慰謝料を請求することで、彼らがやったことの反省を促すというわけです。浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったといった、利己的でなければ言えないようなものです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。そんなことにならないよう、二人でいる時間を作り、自分たちが何が不満なのかを語り合うことも大事なのではないでしょうか。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、その人の倫理観によっても違うでしょう。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、身体的な接触が少しでもあれば浮気だと認定する人もいるぐらいです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞ということになります。しかし、順風満帆な結婚生活を続けたければ、いかにも浮気ととられかねない行動は慎むにこしたことはありません。パートナーの浮気に気づいたら、その裏付けをとる必要があります。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるなんて行為は、トラブルの要因にもなりかねませんし、代わりに探偵社に依頼することも考えておくと良さそうです。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、契約前にいくつかの会社で見積りをとり、説明を受けることを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、効率良く調査できるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気をやめさせることに成功しても、再び浮気する人は一定数いるようです。帰宅時間がルーズになったり、ふとしたLINEやメールの着信によりまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。そもそも前の浮気時の対応が厳しさに欠けたことも要因なので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が不可欠です。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面につきるでしょう。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になる場合が多いようです。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を入手したいのだったら、探偵に依頼するほうが確実だと思います。パートナーの浮気に気づいたときは、さしあたっては今後の動向を考えるために平常心を取り戻すよう努めましょう。もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。夫婦で話し合う時間を確保し、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。配偶者の不倫行為により、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。たとえば、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められるケースが増えました。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。夫婦間の問題はもっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供には責任はないはずです。あとで後悔しても知りませんよ。「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった根絶しがたい面を持っています。ひそかに不倫しているところを見られて、謝って一時的に大人しくなるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するおそれは充分あります。胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、お灸をすえてやりましょう。配偶者の浮気がわかったときは、落ち着けと言われても無理かもしれません。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。浮気なんていうものは、やったほうが悪いのです。メンタル的には割り切れないものがあるでしょうが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。ただ、浮気というのは意外とあるもので、出会いがない現場だろうと無関心でいてはいけません。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。疑わしい様子なら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、いたずらに心配せずに済み、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展することだってあります。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。いずれにせよ、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてあるわけがないのです。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくる可能性はあります。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、向こうが離婚したかどうかで相応の差が出てきます。離婚「しそうになった」からといって多額の慰謝料を請求してきたときは、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。不倫していたことが問題になって家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停にまで発展するケースは少なくありません。調停の場では家事調停委員を間に入れて離婚のための意見調整を行うため、当事者のみではもつれがちなことでも、ソフトな雰囲気の中で話が進行するため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。浮気が判明したら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、自分の立場を主張することに躍起になって、話がややこしくなりがちです。裁判で決着をつけなければならない可能性もあるので、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、問題のスムーズな進展を目指していくと負担も軽くなるというものです。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、肉体的な交渉がある場合をさします。こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに賠償を請求することが可能です。興信所に調査を依頼し、不貞行為の証拠を押さえ、不倫行為への慰謝料を要求することで現実を見せ、きっぱりと別れさせるというケースも多いです。誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、不貞行為には違いないのですから、その対価はけして安くはありません。もっとも、パートナーの対応によって大きな差が出てくるとは思いますが、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償っていかなければいけません。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。でも、そう難しく感じるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵に相談する価値はあるでしょう。勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇はできないのが現実です。そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、社内の秩序や風紀をみだす畏れという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です